遺品整理・生前整理するならプロに依頼しよう!口コミで評判の高い業者をランキング形式で紹介します。

いつから始めればいい?遺品整理を行う理想のタイミングとは

公開日:

遺品の整理をはじめるタイミングについては、それぞれの遺族によって都合の良い時期におこなって何の問題もありません。ただ、相続などの事務的な手続きは、大切な人がお亡くなりになってから10ヵ月以内に手続きを行わなければならないため、その点を考慮して遺品整理を行いましょう。

遺品整理を行うタイミングはいつ?

悲しみの癒えない中で、すぐに遺品整理をおこなうのは体力も気力も続きません。できれば葬儀が終わって少し落ち着いてから遺族が集まって遺品の整理を行うのが理想です。しかし、故人が施設などに入居していた場合や、生前一人で賃貸住宅で暮らしていた場合など、事情によっては早々に明け渡さなければならないこともあります。遺品整理を行うタイミングに決まりはないわけで、諸事情に合わせて行いましょう。一般的には次のような時期に遺品整理を行うことが多いようです。

四十九日の法要後

一般的に四十九日の法要後に行うことが多いようです。仏教的な意味合いから、「四十九日」で魂は天に昇るとされ、遺品整理の開始時期に適しているという説があります。また、この日は「忌明け」と言い、遺族も日常生活に戻る節目の日とされています。しかし、宗教によって違い、死後すぐに天に召されるといった考え方もあります。

葬儀後

近年では葬儀後に初七日をすることがほとんどなので、初七日の法要後の親戚一族が集まっている時に遺品整理を行う方法もあります。遠方に住む親せきや年齢的に何度も出向くことができない人が多い場合は、後々の遺品整理によるトラブルを避けるためにも、早々とは言え葬儀当日に遺品整理を行うのもひとつの方法です。

初盆やお彼岸

持ち家で遺品整理を急がなくてもよい場合や、遺族が一人暮らしになって体力的にも無理な場合は、親戚が集まれる初盆やお彼岸に一同で遺品整理をする方法もあります。

遺品整理を行うタイミングを決めるうえで注意するべき点

大切な人を亡くした後、遺品整理を行う前に遺族がやっておきたい手続きがあります。まず、故人の遺言書があるかどうかを確認します。エンディングノートは法的な文書ではないためそれほど問題視されませんが、正式な書式や手続きに基づいて作成された遺言書は法的な効力を持つため、遺品整理後に遺言書が出てくると、もう一度、遺言書に従ってやり直さなければなりません。

自筆証書遺言の多くは仏壇や金庫、銀行の金庫などに保管されているようなので、確認してから遺品整理を行いましょう。なお、公正証書遺言は、公証役場に保管されています。

相続税について

人が亡くなったら必ず相続税がかかるものではありません。相続税がかかる人は全体の中で8%で、100人に8人の割合です。ある一定以上の遺産(相続財産)がなければ相続税はかかりません。相続税は平成27年に改正され、現行の基礎控除額は「3000万円+600万円×法定相続人の数)」となっています。対象者は、10か月以内に申告、納税する必要があります。

相続税の課税対象となるものは、故人名義の預貯金、現金、有価証券、土地家屋などの不動産、投資信託、公社債、貸付金、貴金属、特許権、著作権などです。ちなみに生命保険金や退職金も相続財産とみなされますが、一定の金額までは相続税がかかりません。

賃貸契約について

故人の住まいが賃貸物件で引き渡し日の決まりがある場合は、期日までに終わらせることができるよう逆算して遺品整理を始めましょう。賃貸住宅に住んでいた場合などは、亡くなられた日から月末までの家賃は遺族が支払う必要があります。管理会社や不動産業者に問い合わせて確認しておきましょう。

遺品整理を行うタイミングに正解はない

相続税など早めに対処するべきものはありますが、遺品整理を行うタイミングに明確な正解はなく、遺族の都合でいつから始めても大丈夫です。しかし、親戚一同が集まって遺品整理にとりかかる前に、配偶者がいればまず配偶者が、故人の身分証明書、現金、実印、通帳、証券類、カード類、契約書、年金手帳などを確認しておく必要があります。

また、すべての預貯金が故人名義である場合、遺族が葬儀費用すら払えなくなってしまうこともあります。口座名義人の死亡が金融機関に伝わると口座が凍結され、公共料金の支払いもできなくなります。高齢者夫婦ふたり世帯などは、いつどちらが先に逝くかわかりません。なるべく早いうちにパートナー名義の通帳も作り、貯金を分けておきましょう。

遺品整理サービスの利用

核家族化や高齢化が進むなかで、遺品の整理を業者に依頼する世帯が増えました。遺品整理士がいる業者に依頼すると、遺品を「残す物」「供養する物」「処分する物」に仕分けし、適切に処理してくれます。また、仏壇など供養が必要なものは供養を行ってから処分してもらえます。さらに古物商の許可証を持っている業者なら、衣類や日用品などの買い取りも可能です。

 

相続などの事務的な手続きは、なるべく早く手続きを行う必要がありますが、遺品の整理はそれぞれの遺族の都合で行うとよいでしょう。遺品整理を行うタイミングに正解はないというものの、あまり引きのばすのも考えものです。決断がつかない場合は、信頼できるプロの業者にゆだねることによってスムーズに遺品の整理ができ、遺族は新たな気持ちで生活を始めることが可能です。

【大阪】おすすめの遺品整理・生前整理業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
会社名
サービス名
ダイコーサービスプログレスリリーフプロスタッフメモリーズ
特徴遺品整理に関するすべてを自社対応!業界最安値の遺品整理業者
遺品整理士の資格所有者在籍!遺品整理のすべてをお任せ!
1960年創業の遺品整理のスペシャリスト
「優良事業所」として認定されている遺品整理業者
「簡単には捨てない」地球に優しいサービス
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
大阪のおすすめ遺品整理・生前整理業者ランキング