遺品整理・生前整理するならプロに依頼しよう!口コミで評判の高い業者をランキング形式で紹介します。

大阪のおすすめ遺品整理・生前整理業者ランキング!

大阪でおすすめの遺品整理・生前整理業者を紹介します!

身内や自身の死は避けては通れないものですよね。そんなときに大切なことの一つとして、遺品整理があります。

遺品整理をやったことがない方ややったことがある方でも、どこの業者に依頼すべきなのか悩まれる方も多いと思います。そこで今回は、大阪での遺品整理や生前整理におすすめの業者をランキング形式で5社、紹介していきます。

これから大阪で、遺品整理や生前整理を検討している方はぜひ参考にしてみて下さい。

大阪のおすすめ遺品整理・生前整理業者ランキング一覧!

ダイコーサービスの画像1
遺品整理に関するすべてを自社対応!業界最安値の遺品整理業者

ダイコーサービスは、大阪を始めとして近畿地方を中心に遺品整理を行っている会社です。遺品整理で発生した不用品回収においては、買取も処分も資格を持ったプロスタッフが行い、自社ですべてを完結できるため、業界最安値でサービス提供を行っています。

業界20年以上の実績を持ち、遺品整理だけではなく建物の解体、リフォーム、不動産売却なども対応可能なため、故人の家の処理も相談できます。また万が一、作業中に建物や家電などに傷がついてしまったときでも、最大5,000万円まで保証する損害保険にも加入しています。

おすすめポイント

Point 1. 遺品整理だけでなく、解体・リフォーム・不動産売却までワンストップで対応可能

Point 2. 不用品の高価買取ができる

Point 3. 業界最安値を実現

ダイコーサービスの基本情報

料金 1K:2万8,900円~
1DK:4万5,000円~
2LDK:13万円~
3LDK:18万円~
遺品買取の有無 有り
問い合わせ方法 電話 / 問い合わせフォーム / 無料見積もり申し込み
会社情報 会社名:株式会社ダイコーサービス
住所:〒577-0032 大阪府東大阪市御厨4丁目1-34
電話番号:0120-53-53-14
受付時間:9:00~18:00
定休日:不定休
プログレスの画像1
遺品整理士の資格所有者在籍!遺品整理のすべてをお任せ!

プログレスは、遺品整理士の資格を持ったプロスタッフが在籍し、各種手続きや不動産管理、解体、特殊清掃など遺品整理に必要となるさまざまなサービスを自社ですべて対応しています。全国に拠点を持ち、年間実績は5,000件を誇り、遺品整理士認定協会から優良事業所に認定を受けている業者となっています。

遺品の買取査定においても、骨董品の鑑定歴40年のプロ鑑定士が査定しており、幅広い品目を高価買取することができます。また即日対応であり、業界最安値を実現している点も魅力の一つです。

おすすめポイント

Point 1. 遺品整理士、特殊清掃士、プロ鑑定士が在籍

Point 2. 即日対応可能で最短到着10分

Point 3. 遺品整理士だけではなく、各種手続きや不動産整理などすべて自社対応

プログレスの基本情報

料金 1K:2万8,000円~
1LDK:5万8,000円~
2LDK:8万8,000円~
3LDK:13万8,000円~
4LDK:17万8,000円~
遺品買取の有無 有り
問い合わせ方法 電話 / 無料お見積りフォーム
会社情報 会社名:株式会社プログレス
住所:【大阪府】〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀2-4-5
電話番号:0120-995-164
受付時間:8:00~20:00
定休日:不明
第3位 リリーフ
リリーフの画像1
1960年創業の遺品整理のスペシャリスト

リリーフは、見積もりからアフターフォローまで同じ担当者が一貫して行い、お客様満足度96%を誇る遺品整理業者です。遺品整理には珍しい女性スタッフも在籍し、プライバシーマークの取得や一般廃棄物、産業廃棄物の許可の所有などがあるため、立ち合いがなくても安心して依頼できます。

また見積もり後の追加料金は一切なく、不用品で利用可能なものはアジアのリサイクルショップへリユースするため、コストカットにも繋がります。他にもデジタル遺品のサポートや遺品供養を行い、必要な人のところへプレゼントする思い出整理パックなどさまざまなサービスを提供しています。

おすすめポイント

Point 1. 見積もりからアフターフォローまで一貫して担当

Point 2. 不用品のリユースによる処分費用削減

Point 3. デジタル遺品サポートサービスあり

リリーフの基本情報

料金 1LDK:80,000円~
2DK:120,000円~
2LDK:150,000円~
3DK :180,000円~
3LDK:200,000円~
遺品買取の有無 有り ※オプションサービス
問い合わせ方法 電話 / お問い合わせ・お見積りフォーム / LINEお見積もり
会社情報 会社名:株式会社リーフ
住所:【本社】〒663-8142 兵庫県西宮市鳴尾浜2-1-26
電話番号:0798-47-4455
受付時間:24時間
定休日:不明
プロスタッフの画像1
「優良事業所」として認定されている遺品整理業者

プロスタッフは、遺品整理士が在籍し、遺品整理士協会より高い評価の優良事業所として認定されている遺品整理業者です。大阪に本社を構え、年中無休でサービスを提供しており、お問い合わせから遺品整理の作業完了までを1日で完了させる即日対応サービスもあります。

また遺品整理には珍しい女性スタッフも在籍しているため、女性ならではのきめ細やかな対応も可能のため、男性が苦手の方でも安心して依頼することができます。そして遺品の高価買取も行っているため、より安く遺品整理を依頼することができる点も魅力の一つです。

おすすめポイント

Point 1. 遺品整理士協会から「優良事業所」として認定

Point 2. 女性スタッフならではのきめ細やかな対応が可能

Point 3. 即日対応サービスがある

プロスタッフの基本情報

料金 1K:3万5,000円~(1日)/ 3万円~(1週間)
1LDK:7万円~(1日)/ 4万円~(1週間)
2LDK:120,000円~(1日)/ 90,000円~(1週間)
4LDK:230,000円~(1日)/ 200,000円~(1週間)
遺品買取の有無 有り
問い合わせ方法 電話 / お見積依頼・お問い合わせフォーム / LINE見積もり
会社情報 会社名:TKC 株式会社
住所:【本社】〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場2-2-13
電話番号 : 0120-282-247
受付時間:8:00~21:00
定休日:年中無休
メモリーズの画像1
「簡単には捨てない」地球に優しいサービス

メモリーズは、一般的な遺品整理だけではなく、IT部門があることからもパソコンなどの電子遺産のデジタル整理も行っています。大阪を中心に遺品整理を提供しており、不要なものをなるべく捨てず、出来る限り買取やリサイクルを行い、地球にやさしい遺品整理を提供しています。

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」への出演やロシアの放送局が撮影した短編ドキュメンタリー映画「孤独死」への出演などさまざまなメディアへの出演も果たしています。

おすすめポイント

Point 1. デジタル遺品整理やリサイクルにも対応

Point 2. メディア実績が豊富

メモリーズの基本情報

料金 1K:4万1,800円~
1LDK:11万円~
2LDK:16万5,000円~
3LDK:22万円~
遺品買取の有無 有り
問い合わせ方法 電話 / お問い合わせフォーム / クイック見積もり / ライン相談窓口
会社情報 会社名:メモリーズ株式会社
住所:【本社】〒590-0907 大阪府堺市堺区緑町2-121-2
電話番号:0120-232-580
受付時間:24時間
定休日:年中無休

ここでは、遺品整理や生前整理の基礎知識や、自分で行うのと業者へ依頼するときそれぞれのメリットやデメリット、遺品整理の相場、遺品整理業者の選び方のポイントをいくつか紹介していきます。遺品整理について詳しく知りたい方へ、何かの参考になれば幸いです。

遺品整理や生前整理って具体的にいつ何をするの?



遺品整理や生前整理という言葉を知っている方でも、実際に何をすることなのかが分からない方の方が多いと思います。ここでは、遺品整理と生前整理について、具体的に行うことやいつ頃から行うと良いのかなどを詳しくお伝えしていきます。

遺品整理・生前整理とは?

ここでは遺品整理と生前整理について紹介します。遺品整理とは、親族や身内などが亡くなってしまったときに、その故人が使用していたものを整理することを示します。

遺品はその故人が使っていたものや遺産などその方に関連するすべてのものを示し、遺品整理の内容としては貴重品、形見、再利用可能なもの、廃棄するものに分けて整理していきます。貴重品には、銀行の通帳や印鑑、クレジットカード、パスポート、宝石などが含まれ、形見は故人が特によく愛用していたもの、いわゆる思い出の品となります。

再利用可能なものは家電製品や衣類などが含まれます。このような故人のものを整理するサービスとして、遺品整理や不用品回収がありますが、この2つのサービスの違いは形見分けなどの対応ができるか否かです。

遺品整理の場合には、すぐに廃棄するのではなく、遺族への確認を行いながら故人の思いや遺族の気持ちに寄り添いながら整理を行います。不用品回収は、遺品の整理はあくまでも自身で行い、不用品の回収のみとなるため、廃棄してはいけないものが万が一紛れてしまっていた場合にも気づくことができません。

そのため、遺品整理の方が一緒に仕分けをしながら、遺言書やエンディングノートがある場合にもその内容に沿いながら行うことができるのです。不用品回収は不用品の回収が目的であり、遺品整理は整理と回収はもちろんのこと中には遺品の供養などもあるため、遺品整理を行うときには、遺品整理のサービスがおすすめです。

次に生前整理についてですが、自身が生きている間に前もって財産や持ち物を整理しておくことを示します。目的としては、自身が他界したあとに遺族の方が遺産の整理などに困ることがないようにしておくためです。

まずは財産目録を作成します。現金や債権、不動産など自分が所有している財産を調査してまとめた財産目録を作成することで、財産に関する調査が迅速になり、必要であれば遺言状を残しておくと良いでしょう。

遺言状は正式な法的効力があるため、財産に関しての希望がある場合には遺言状を残しておくことで、自分の希望通りの相続が可能になります。そして生前整理では、主に必要なものと不用品を分ける作業を行います。

判断基準としては、現在使っているものや廃棄したら後悔する可能性があるものは必要なものであり、長年使っていないものや壊れているものなどは不用品に分けられ、曖昧な感情は避けましょう。また遺族に対してのメッセージや、自身の希望を書面に残しておくことができるエンディングノートもおすすめです。

遺言状と違って法的効力はありませんが、自由な形式と内容で作成することができます。内容としては、臓器提供の意思表示や亡くなった後に連絡をしてほしい友人の連絡先、死ぬまでどのように生きていきたいかなど自分の本心を正直に書いていくことで、これからの人生の目標が明確にもなります。

そのため、エンディングノートは自身のための作業として行っておくと良いでしょう。

遺品整理や生前整理を行うのはいつ頃?

遺品整理や生前整理は実際に、いつ頃から取り組むと良いのでしょうか。ここでは、それぞれの整理を始める時期についてお伝えします。

遺品整理は、これと言って決まった時期はなく、法事などの準備が落ち着き、時間を取れるタイミングで整理を始めていくと良いでしょう。ただ相続などの法的な手続きが必要なものなどは早めに対応をしていくことをおすすめします。

そのため、優先的に対処していくものから始め、思い出の品などは後程ゆっくり時間をかけて整理していくとスムーズです。また遺品整理は一人で行うのではなく、遺族が揃ったときに話し合いながら取り組むことで、トラブルなども発生しづらくなります。

生前整理においても始めるべき正しい時期はなく、 15歳以上であれば法的効力のある遺言状を作成することもできるため、幅広い年齢の方々が取り組めます。そのため現在では、20代や30代で生前整理をする方も増加しています。

生前整理は、何歳からでも始められるため、自分が行いたいと思ったタイミングで生前整理を実施すると良いでしょう。時間をかけてじっくり取り組んでいくのも良いかもしれませんね。

今回は、遺品整理と生前整理について詳しくお伝えしてきました。遺品整理も生前整理も始めるべき正しい時期は決まっておらず、どちらも思い出の品などを整理していく形になるため、時間をかけながら行っていくと良いかもしれませんね。

どちらにしてもトラブルが起きないよう迅速に遺品整理や生前整理を行っていくと良いでしょう。


【遺品整理や生前整理についてのポイントまとめ】
・遺品整理とは、親族や身内などが亡くなってしまったときに、その故人が使用していたものを整理すること
・遺品整理は、貴重品、形見、再利用可能なもの、廃棄するものに分けていく
・生前整理とは、自身が生きている間に前もって財産や持ち物を整理すること
・生前整理は、財産目録の作成や必要なもの、不用品の選別、エンディングノートの作成などを行う
・遺品整理の時期は、相続などの法的なものから優先的に行い、親族が集まったタイミングで一緒に整理していく
・生前整理は、始めたいと思ったタイミングで始める

遺品整理って自分でやる?業者に依頼する?それぞれのメリットとデメリット



遺品整理をいざ行おうと思ったときに、自身で行うのか、それとも業者に依頼しようか迷われる方も多いと思います。そこでここでは、遺品整理を業者に依頼した場合と自分たちで行う場合のメリットとデメリットを紹介していきます。

業者に依頼する場合

まず、遺品整理を業者に依頼する場合のメリットとデメリットを紹介します。メリットとしては、主に5つあります。

1つ目は、遺品の供養が行えることが多いことです。遺品整理には、人形や思い出の写真など気軽に廃棄しにくいものも出てくることがあります。

業者であれば、遺品の供養を行っている会社も多いため、廃棄しにくい遺品でもきちんと供養して処分することができます。2つ目は、ゴミの量を削減することができることです。

業者の場合、不用品の買取も行っているため、不用品の中でも買取できるものがあれば買取をしてもらうことができ、処分するものが減ります。そしてその不用品の買取金額を遺品整理の費用にあてることもできるため、経費の削減にもつながります。

3つ目は、時間短縮になることです。遺品整理の量にもよりますが、人数が少ないとそれなりの時間がかかり、仕事が忙しい方にとっては時間の確保が難しいこともあるでしょう。

しかし業者に依頼することで、おおよそ1日で遺品整理を終えることができます。そのため、多くの時間が取りにくい方にとってもより良い方法と言えるでしょう。

4つ目は、貴重品を見つけてくれることです。貴重品は遺族の方が知っていることもあれば、知らない貴重品も存在します。

業者の場合、前もって遺族の方が貴重品の存在を知っている場合にはそれを探してもらうことが可能であり、知らない場合にも今までの知識や経験から貴重品を探し出せる可能性が高まります。経験が豊富なスタッフが担当することで、貴重品を探し出す時間も短くなることでしょう。

5つ目は、肉体的な負担が軽減されることです。遺品の量にもよりますが、長い間住んでいた家であればあるほど、量も多く、荷物の大小もさまざまでしょう。

このようなものを運び出すには、肉体的な負担が大きくかかる可能性があります。しかし業者に依頼することで、このような負担が軽減されることでしょう。

デメリットとしては、主に2つあります。1つ目は、費用がかかることです。業者に依頼することで、最低でも数万円以上はかかることが多いため、自分で行うときよりも費用がある程度かかるでしょう。

2つ目は、思い出の品が誤って処分されてしまう可能性があることです。処分する前に遺族へ確認してから行うものの、自分にしか分からないような思い出の品が誤って処分されてしまうことがあるため、最終確認の際にはしっかりとその場で確認を行うようにしましょう。

自分たちでやる場合

次に個人で遺品整理を行うときのメリットとデメリットを紹介します。メリットとしては、主に2つあります。

1つ目は、自分のペースで進めていくことができることです。自分たちで行う場合には、自分の時間がとれるときにマイペースに遺品整理に取り組むことができるため、業者に依頼するときと違って事前に時間や日にちを確保しておく必要がなくなります。

2つ目は、遺品を1つ1つ確認しながら進めていくことができることです。故人との思い出も振り返りながら、ゆっくり作業を進めることができ、恩返しにもなります。

処分するのか取っておくのかの判断が自分だけの場合には、業者との確認の手間も省けることでしょう。デメリットとしては、主に3つあります。

1つ目は、時間がかかることです。プロの業者と比較すると自身で行う方がもちろん時間がかかってしまい、遺品となれば思い出に浸ってしまうこともあるため、多くの時間を要する可能性が高くなります。

2つ目は、処分に専門的な知識が必要なものが出てくることです。例えば、パソコンの中のデータや不動産、預金通帳などに関しては自身で処分することが難しく、専門的な知識を要するものもあります。

3つ目は、肉体的、精神的な負担が大きくなることです。荷物を運ぶことや、廃棄するものなどの判断も自身で行うとなると、それなりの肉体的な負担がかかります。

また遺品は思い出の品が含まれているため、悲しみや寂しさがこみあげてくることもあるため、精神的にも負担が大きいでしょう。

業者に任せることをおすすめ

ここまで遺品整理を業者に依頼する場合と、自分たちで行う場合でのメリットとデメリットを紹介してきましたが、遺品整理はできれば業者に依頼することをおすすめします。遺品整理は、通常の整理整頓や断捨離と比べて、簡単に処分しにくい品も含まれてきます。

またプロの目から見た、買取品や不要品の判別、貴重品の探し出し、そして供養などはプロならではの技術となるため、業者へ依頼する最大のメリットとなることでしょう。特に遺品整理は人生の中で多くあることではないため、遺品整理に慣れている業者とともに作業を行うことで迅速に進めていくことができるでしょう。

今回は、遺品整理を自分で行う場合と業者に依頼するときのメリットやデメリットをお伝えしてきました。遺品整理はメンタル面での負担も大きく、自分たちで行うにはなかなかハードな作業であると言えます。

どちらにしてもメリットとデメリットはあるため、比較した上で決めていくと良いかもしれません。しかし、後回しにもなりがちな遺品整理を、プロの業者に依頼し、迅速に進めていくことで自分の心の中が整理されていくことにも繋がるでしょう。


【遺品整理を自分でやる場合と業者に依頼する場合でのそれぞれのデメリットとデメリットポイントまとめ】
・業者に依頼するメリットは、遺品の供養が行えることやごみの量の削減、時間短縮、貴重品の発見、肉体的負担の軽減など
・業者に依頼するデメリットは、費用がかかることや思い出の品が誤って処分されてしまう可能性があること
・自分でやる場合のメリットは、自分のペースで進められることや遺品を1つ1つ確認しながら進めていけることなど
・自分でやる場合のデメリットは、時間がかかることや処分に専門的な知識が必要となる場合があること、肉体的、精神的な負担が大きくなること

遺品整理の相場ってどのくらい?安くするコツってあるの?



遺品整理を業者へ依頼しようと決めたとき、どれくらいの費用が必要となるのかは気になるポイントです。ここでは、遺品整理の費用相場や安くできるコツなどをいくつか紹介していきます。

遺品整理の費用相場

まずは遺品整理の費用相場についてお伝えします。基本的には、部屋の広さによって費用が異なり、作業するスタッフの人数と所要時間も増えていきます。

部屋の広さ別の費用相場としては、1R、1Kは5万円から8万円、1DK、2Kは9万円から12万円、1LDK、2DK、3Kは13万円から16万円、2LDK、3DK、4Kは17万円から20万円、3LDK、4DKは21万円から24万円、4LDK以上は25万円となっています。部屋の広さによって費用相場の上下は大きいでしょう。

内訳はどうなっているか

上記で遺品整理の費用相場についてお伝えしてきましたが、その内訳はどのようになっているのでしょうか。また部屋の広さだけではなく、他の要素でも費用が異なる場合があります。

そこでここでは、部屋の広さ以外にかかる費用や費用相場の内訳を詳しく見ていきます。費用の内訳としては、主に物の量や人件費、運搬費、オプション、部屋の立地条件が挙げられます。

物の量については、量が多いとそれに比例して費用も高くなる傾向があります。一定量以上の物がある場合には、荷物を運搬するための車両が増えること、そして作業時間が長くなると上乗せの料金がかかる可能性があります。

人件費に関しては、部屋の広さに伴って必要となるスタッフの人数が割り当てられるため、もちろん部屋が広ければ広いほど多くのスタッフが必要となります。運搬費に関しては、上記でもお伝えしたように、遺品整理での買取品や不用品の回収などが必要となるため、それらの物を運ぶ運搬費が含まれます。

またオプションサービスを利用する場合には別料金がかかります。業者によってオプションサービス内容は異なりますが、消臭や消毒作業や害虫駆除、ハウスクリーニング、仏壇や遺品の供養、特殊清掃、エアコンの取り外し、現状回復リフォーム、家屋の解体などさまざまあります。

オプションサービスを利用するか否かは人によって異なりますが、上記のような作業を依頼したい場合にはプロの手によってスムーズに進めてくれるので、必要な場合には依頼してみても良いでしょう。また部屋の立地条件によっても料金に違いが出てくることがあります。

例えばマンションやアパートなどの場合、エレベーターがあるのか否か、何階に部屋があるのかによって料金が変わる可能性があります。階段しかない場合には、時間も労力も必要となるため、料金は高くなることでしょう。

また戸建ての場合にも、家の前に運搬するための車両を駐車するスペースがあるのか否かによっても料金が変わることがあります。駐車するスペースがない場合には、作業時間が長くかかってしまうため料金が高くなってしまう可能性があります。

何で安くできる?

遺品整理を業者に依頼したいけれどなるべく費用を安く抑えたいと思う方が大半だと思います。ここでは、費用を安くするポイントをお伝えしていきます。

費用を安くするポイントは、遺品の物の量をあらかじめ減らしておくことです。物の量を減らす方法としては、事前に処分と売却を行っておきましょう。

先ほど紹介したように整理する物の量が多いと料金が高くなる傾向にあるため、遺品整理業者へ依頼する前にあらかじめ自身で整理をし、処分できるものは処分しておくことがおすすめです。明らかに要らないものや大きめの不用品などは、不用品回収業者へ回収してもらっておくことも一つの方法です。

また売却できそうなものは事前に売却しておくことをおすすめします。もちろん遺品整理業者でも買取を行っていますが、リサイクルショップやフリーマーケットなどの方が高価な買取を行ってくれることも多いため、費用の削減にも繋がります。

現在は人気のフリマアプリでの販売やネットオークションなども主流となっているため、それらも積極的に活用していくと良いでしょう。

今回は、遺品整理を業者に依頼した場合の費用相場や、内訳、費用を安くするポイントについて紹介してきました。部屋の広さはもちろんのこと、荷物の量やオプション、部屋の立地条件などによっても費用が異なってくることが分かりました。

荷物の量は自分で減らすことができるため、なるべく費用を抑えて遺品整理を行っていきましょう。


【遺品整理の相場や安くするコツのポイントまとめ】
・遺品整理の費用相場は部屋の広さによって異なり、3LDK以上では20万以上となっている
・費用の内訳は、物の量や人件費、運搬費、オプション、部屋の立地条件が挙げられる
・費用を安くするコツは、遺品の物の量をあらかじめ減らしておくために処分と売却を行っておくこと

信頼できる業者を見極めよう!遺品整理業者の選び方



遺品整理のときに業者へ依頼することを決めたとしても、どこの業者を選べば良いのか悩まれる方も多いと思います。信頼できる業者が一番ですよね。

そこでここでは、遺品整理業者の選び方のポイントをいくつかまとめて紹介します。

専門業者であるか

遺品整理業者選びの大切なポイントの一つに、専門業者であるか否かを確認します。遺品整理には、さまざまな法律とも深い関わりがあり、意外かもしれませんが高度な知識や経験が必要となる作業です。

そのため、業者を選ぶ際には、遺品整理を専門としている業者かどうかをしっかりとチェックしていきましょう。中には、遺品整理を片手間で行っている業者も多く存在しており、不用品回収業者やリフォーム屋、運送屋などが行っていることもあります。

このような業者では、専門的な知識がなく、不用品の不法投棄や個人情報の流出も起こるリスクがあります。また遺品整理士という資格を所有しているのかも確認しましょう。

遺品整理士は、民間資格ですが資格を所有したスタッフがいることで、遺品整理の確かな知識を持っている証となります。そのため、遺品整理の専門業者であること、尚且つ遺品整理士の資格所有者がいる業者を選んでいくことが大切です。

会社の所在を確認できるか

会社の所在を確認できる業者であるのかも確認すべきポイントです。遺品整理業者として、きちんとした会社になっているところであればグーグルマップで検索したときに確認ができます。

遺品整理業者であれば、トラックや車両、会社の看板なども確認できるはずなので、グーグルマップで検索後、写真もしっかりとチェックしておきましょう。また、住所がマンションやアパートの一室になっている業者には注意が必要です。

なぜならすぐに引越しができる状況であるとも解釈できるためです。もちろんすべての業者がそうではないですが、アパートやマンションの一室が住所となっていない業者の方が安全性は高いと考えられます。

スタッフの対応は丁寧か

業者に依頼するのであれば、スタッフの対応の丁寧さもチェックしておきます。まずは電話やメールで問い合わせた際の対応を確認しましょう。

例えば、電話で問い合わせた場合には、きちんとした業者であれば社員教育が隅々まで行き届き、質問や問い合わせ内容に関して丁寧な対応を行ってくれます。またメールであれば、返信の仕方はもちろんのこと、会社だけのメールアドレスがあるのかどうかも確認します。

フリーメールなどであってもきちんとした会社もありますが、念頭に置きながら問い合わせをしてみると良いでしょう。このように直接、業者へ問い合わせを行うことで、スタッフの方の対応が自分にとって好感を持てるものだったのかなども分かるため、スタッフの対応が丁寧な業者を選んでいくことをおすすめします。

見積もりの内訳はどうか

遺品整理業者へ依頼するときには、事前に見積もりを行いますが、内訳をしっかりと確認しておきます。どんなサービスが含まれ、どのサービスがオプションとなるのかなどもしっかりとチェックしておきます。

また事前にネットで見積もりができることもありますが、見積もりは訪問見積もりを依頼することが一番です。訪問見積もりを行うことで、実際にかかる費用が明確になり、スタッフの雰囲気なども確認することができます。

見積もりの内訳を確認し、自分にとって行ってほしいサービスが含まれている業者を選ぶようにしましょう。

買取などのサービスがあるかどうか

遺品整理をしているとき、不要なものは多く出てくることでしょう。不要なものの中に売却できるものが数多くあることで、遺品整理の費用にあてることができ、総合的なコスト削減に繋がります。

しかし、業者によって買取サービスを行っていない会社もあります。そのため、買取サービスがある業者を選ぶことが大切です。

また買取ができるものが豊富にあるかどうかも確認しておきましょう。買取できるものが少ない業者では、遺品整理のときのゴミも増えてしまいます。

そのため、よくホームページを確認し、買取サービスを積極的に行っている業者を選ぶことがおすすめです。

一社で決めず複数見積を取ろう!

遺品整理業者を決める際には、1社だけではなく複数社に見積もりをとり、きちんと比較していくことがおすすめです。上記であげたいくつかのポイントを考慮しながら、信頼できると感じられる業者を選んでいきましょう。

いくつかの業者の見積もりをとることで、内訳やトータル費用が明確になり、自分にとってより良い業者選びにも繋がります。 最低でも2社から3社ほどは見積もりをとるようにしましょう。

今回は、信頼できる遺品整理業者の選び方を紹介しました。専門業者であること、会社の所在が確認できること、スタッフの対応が良いこと、見積もりの内訳を確認し、自分に合うサービスがあるのか、買取サービスなどを積極的に行っていることが大切なポイントでした。

必ず複数社に見積もりをとり、より良い業者へ遺品整理を依頼していきましょう。


【信頼できる遺品整理業者の選び方ポイントまとめ】
・遺品整理の専門業者であること
・会社の所在を確認できる
・スタッフの対応の良さ
・訪問見積もりを行うなどで内訳を確認し、自分の希望するサービスが含まれている
・遺品買取などのサービスがあり、買取できるものが豊富
・複数社に見積もりをとる

まとめ


今回は、遺品整理での基礎知識や、自分で行うときと業者へ依頼するときのメリットとデメリット、相場や遺品整理業者の選び方のコツなどをお伝えしてきました。遺品整理は、人生の中で行うことはそんなに多くはないものの、身内や親戚の最後の恩返しにもなる作業の一つとも言えます。

自分のペースで行うのももちろん良いとは思いますが、遺族や親族の気持ちを考慮しながら供養も含めて、整理を一緒に行ってくれる専門業者へ依頼することで、メンタル面も肉体的にも楽になる部分も多くあると思います。そのため、大阪で遺品整理に悩まれている方の何か参考になればと思います。
 

 

【大阪】おすすめ遺品整理・生前整理業者の一覧表まとめ

イメージ1
2
3
4
5
会社名
サービス名
ダイコーサービスプログレスリリーフプロスタッフメモリーズ
特徴すべて自社対応可能なことから業界最安値を実現遺品整理士やプロ鑑定士が在籍不用品の海外へのリユースで処分費カット問い合わせから遺品整理までを1日で完了させる即日対応サービスがあるデジタル遺品整理にも対応
実績・実績25年以上
・裁判所から強制執行等の依頼実績も多数対応
・年間実績5,000件以上
・遺品整理士認定協会にて優良事業所に認定
・テレビや雑誌などメディアに多数掲載
・楽天リサーチ調べ
「ご利用シェアNo.1」
「お客様満足度93%以上」獲得など
・テレビや新聞などのメディア実績多数
・法人提携社数500社以上など
・遺品整理士認定協会にて優良事業所に認定
・楽天リサーチ調べ
「お客様満足度95%以上」獲得など
・実績1万5,000件以上
・テレビや映画、雑誌出演ありなど
保証損害賠償保険加入
(最大5,000万円まで保証)
記載なし保険加入済み(事故物損に対応可能)記載なし記載なし
遺品整理以外のサービス不要品買取・処分、解体、リフォーム、不動産売却など不用品買取・処分、解体、リフォーム、不動産整理、合同供養、各種手続き代行、特殊清掃、ハウスクリーニング、消毒・除菌など不用品買取、リサイクル、供養、ハウスクリーニング、消臭・消毒、お性根抜き・お仏壇処理など不用品買取・処分、不動産整理、供養、特殊清掃、ハウスクリーニングなど不用品買取、リサイクル、供養、特殊清掃など
支払い方法現金、クレジットカード現金、クレジットカード現金、事前振込、クレジットカード現金、クレジットカード現金
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

記事一覧

遺品整理の中でも不用品の処分は骨が折れるものが多いのですが、仏壇の処理に困る方が多いようです。仏壇にはご本尊やご先祖が祀られているため、簡単に処分できません。遺品整理で仏壇をどう扱っていいか ・・・[続きを読む]
遺品業者を選ぶ際にどのように決めれば良いか迷ってしまう事があると思います。ほとんどの人が人生で1~2回しか頼む事がないため、判断に困るのも頷けます。遺品整理は物を片付ける他にデジタルデータの ・・・[続きを読む]
遺品整理大阪コスモス 住所:〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1-8-11 TEL:0120-769-311 受付時間:8:00~22:00 年中無休 大切な人がなくなったとき、遺品の ・・・[続きを読む]
株式会社ウィンドクリエイティブ 住所:〒552-0007 大阪市港区弁天1-2-30 TEL:0120-93-1717 受付時間:9:00~20:00 年中無休 身内や家族が亡くなり遺品整理 ・・・[続きを読む]
スターチス 住所:〒594-0081 大阪府和泉市葛の葉町3丁目1-56 TEL:0120-949-194 営業時間:7:00~22:00 年中無休 大切な人が突然亡くなってしまった時、生前 ・・・[続きを読む]
マレリーク(株式会社ネオプライス) 住所:大阪府寝屋川市香里南之町21-9 田島ビル1F TEL:0120-994-287 受付時間:10:00~20:00(木曜日のみ10:00~17:00 ・・・[続きを読む]
遺品整理は同じような量を処分するとしても、費用は業者によって数万円から数十万円まで差があります。高価な物を買取してくれることで処分料を安くしてくれたり、車や家の処分までお手伝いをしてくれたり ・・・[続きを読む]
両親や身内が亡くなったとき、空き家となっている実家の荷物を処分したいとき、遺品の整理はどうしますか?そんなときは遺品整理業者が頼りになります。どうしても自分たちだけで整理しようとすると、体力 ・・・[続きを読む]
遺品整理やゴミ屋敷の片づけを行う遺品整理業者は多くありますが、依頼する際には相場はいくらになるのか、どのようなサービスが受けられるのか、どのくらいの実績があるのかなど、気になる点はいくつもあ ・・・[続きを読む]
遺品整理業者を選ぶ際、決め手となるのは料金・サービス・評価・実績・スピードなど、基準となるものは人によって違います。実際に公式サイトを見ても、どの業者も作業内容やサービスが酷似しており、どこ ・・・[続きを読む]
遺品整理をするにあたって、着物も含む衣類の処分に悩む人は多いようです。性別を問わず着るものにお金をかける人は多く、ブランド物の洋服やバッグなどを「形見分けに○○さんに譲渡してください」などと ・・・[続きを読む]
亡くなった人が残した家財や趣味の物品などの遺品を整理することを遺品整理と言いますが、遺品を売って得た所得に税金が発生する場合もあります。非課税となる場合や課税対象になる場合を分かりやすくお伝 ・・・[続きを読む]
遺品の整理をはじめるタイミングについては、それぞれの遺族によって都合の良い時期におこなって何の問題もありません。ただ、相続などの事務的な手続きは、大切な人がお亡くなりになってから10ヵ月以内 ・・・[続きを読む]
近年、スマホやパソコン、デジカメなどが普及し、故人のデーターの多くがデジタル機器に残されるようになりました。個人情報が残されているため、ロックがかけられていることも多く、トラブルが起こるのは ・・・[続きを読む]
遺品は故人の財産ですので、配偶者や子どもが遺品整理を行います。しかし、まとまった時間がとれずに遺品整理が進まないケースも増えているようです。しかし、放置しておくわけにはいかないため、スムーズ ・・・[続きを読む]